色むらのない美白を|注入するヒアルロン酸の種類に注意|ほうれい線治療の方法

注入するヒアルロン酸の種類に注意|ほうれい線治療の方法

レディ

色むらのない美白を

女医

治療のあわせ技で美白に

しみは、紫外線の影響で肌に現れます。紫外線を浴びると、肌を守るために黒いメラニンができるのですが、肌のターンオーバーが乱れるとメラニンがうまく排出されなくなり、肌に残ってしまいます。そうしてできた肌の色むらが、しみの正体です。しみを消すためには、クリニックでしみ治療を受けるのが近道になります。クリニックではできてしまったしみを消す、特殊なレーザー治療を受けることができます。また、肌の漂白剤と呼ばれるハイドロキノンなど、強力な美白剤を処方してもらうこともできます。レーザー治療と薬による治療をあわせて行うことで、効率的に美白に近づくことができるのです。こうした治療に加え、自分自身で紫外線対策をしっかり行うことで、この先ずっときれいな肌を維持できるようになります。

治療後メイクができる

クリニックでのしみ治療が人気なのは、治療しても日常生活に支障が少ないからです。美容整形外科での外科手術に比べ、美容皮膚科などのクリニックで受けるレーザー治療はダメージが少なく、治療後すぐにメイクすることもできます。そのため、手軽に始められ、多くの女性に支持されているのです。しみ治療の際に使われるレーザーは、肌に優しいマイルドなものが多く、施術中の痛みも大きくありません。輪ゴムではじかれる程度の痛みや熱を感じることはありますが、麻酔クリームを使用することで問題なく施術を受けられます。施術後の肌は、多少敏感になりますが、クリニックの指示に従い、紫外線対策や保湿をしっかり行えば心配ありません。こうして、手軽にしみ治療をできるのが人気の秘訣です。